労働環境見直し委員会

あなたの悩み労働環境のせいじゃないですか?

労働環境の悩みに対処するには

医療や介護の現場では、人と深く関わる仕事でありながら、人間関係に問題を抱える職員も多くなっています。そして、労働環境の苛酷さも加わり、現在の仕事に悩みを持つ人が多くなっています。特に、人手不足から長時間勤務が常態化している施設が多く、残業や夜勤なども少人数でこなさざるを得なくなっています。長時間勤務であれば当然給料は良くなりますが、それだけでは働く充実感は得られないので、依然として離職率が高くなっているわけです。24時間365日稼動している、医療機関や介護施設では、夜勤が必須勤務になりますが、勤務時間帯に関する細かい労働規制がないので、場合によっては無理な勤務体制になっているわけです。また、月60時間以上の残業は法律で禁止されているため、サービス残業を暗黙に強いられているケースもあると言えます。特に新人看護師や新人介護士の場合、自分の労働環境が良いか悪いかの判断がつきにくいのが実情です。また、医療や介護の世界は志の高い人が多いので、多少の労働環境の悪さにも忍耐してしまうわけです。それ故、一定数の人数は毎年この世界に入ってきますが、一度、離職の流れが起こると次々に広まってしまうと言えます。加えて、病院や介護施設に長年残って働いている上司は、部下や新人に対して要求するレベルが高くなる傾向にあり、自分と同等に仕事ができないと、強い批判となって現れるわけです。それでも、そうした現状を見直し始めている病院や介護施設も現れており、謂わば、ブラック病院とホワイト病院のように2極化しつつあると言えます。それ故、今の自分の職場がブラックなのかホワイトなのか見極めることが必要だと言えます。今働いている方、働こうと思っている方は労働環境を見直す、求人を見直すなど今一度行ってみてください→→こちらの参考サイト