労働環境見直し委員会

あなたの悩み労働環境のせいじゃないですか?

働く女性の労働環境の悩みについて

 男女雇用均等法が出来てからずいぶん経ちましたが、大手人材会社のアンケート結果によると働く女性の中で労働環境に不満を持つ人は全体の8割もいました。不満内容は家庭を持つ女性がキャリアアップしづらいのと、家庭を持つ女性に配慮がないのが同率一位です。もちろん日本の企業の中にも、女性に理解が深く家庭と両立しながらのびのびと女性が働いている職場はあります。しかしそうではなく、労働環境に悩みながら働く女性が多いのも現状なのです。世界的に見ても日本女性の社会進出は遅れていて、特に女性役員、管理職等指導的地位で働く女性は圧倒的に少ないと言われています。これは人材不足によって時短、育休をとりづらい為に退社をせざるを得えない、よってキャリアが途切れてしまうのが原因です。そしてもう一つ頑張って続けていても、家庭を持つ女性上司は嫌煙される傾向がある事も理由でしょう。これらを解決する為に職場で何を望むかと言うアンケートでは、育児休暇から円満な職場復帰に向けた支援が欲しいと言う声が圧倒的に多かったです。この支援とは具体的に保育所の設置、長時間労働の是正、病児保育の拡充等の事ですが、これらを当たり前に使える様になる為に皆で子供を見ると言う風潮の身近なロールモデルがあれば尚良いと言う事でした。これに伴い政府が企業に働きかける等女性の悩みが改善される様にはしているので、少しずつは良くなっています。しかしこの制度は周囲の人の協力があって成り立つ物と言うのは、常に覚えておくと良いでしょう。